haruichiban0707の読書&視聴のおと

読書メモや映画やテレビ番組視聴メモです

NHK『鎌倉殿の13人』第45回「八幡宮の階段」

www.nhk.or.jp

ついに、三代将軍源実朝暗殺事件だ。

 

太刀持ち北条義時が外れて源実朝とともに殺されたのが源仲章だが、なぜ直前になって北条義時が外れたのかは様々な推理がなされている。

 

北条義時公暁をそそのかし、実朝を暗殺させた黒幕で、それを知っていたから太刀持ちを仲章に代わった、というのがよくある話だ。

このドラマでどう描くか楽しみだった。

 

このドラマでは、公暁をそそのかしたのは三浦義村だとしている。

公暁は父、源頼家を殺した黒幕が源実朝北条義時だと思い、2人を殺し、4代目の鎌倉殿になろうとした、というのだ。

しかし、京に移りたい実朝とあくまで鎌倉で武士政権を維持したい義時の間は、埋めようがない溝ができていた。また、兄頼家を幽閉し殺したのが義時と知った実朝は、義時に信を置いていなかった。そのため、式の直前になって、太刀持ちを義時から源仲章に変更したのだ。

それを知らない公暁は父頼家の仇、源実朝北条義時を討った・・・つもりだったが、源実朝源仲章を討っていたのだった。

 

三浦義村は、公暁がつかまり自身がこの謀反に加わっていたことを自供されることを恐れ、必死で公暁を探す。公暁が助けを求めて来たところを彼を殺して証拠隠滅をはかった。だが、義時と二人だけの時に、義村は「一時期、公暁とともに自分が頂点に立とうと思ったこともある。だが、今のお前(義時)を見てやめた。」と騙る。今回のドラマ内の義村の性格を考えるとそんなこと絶対にしゃべらず墓場に持っていくと思うが、ダークサイドに堕ちた義時を表現するために語らせたのだろう。

 

子を全て失った政子は自殺しようとしたが、そこをトウに救われる。おそらく次回、尼将軍になるのだろう。トウは源仲章につかまっていたが、自力で脱出していた。

 

だが、実朝が暗殺されたため、政子の妹、美衣は、阿野全成と自分の息子、阿野時元に次の鎌倉殿の目が出てきたことに気づき、野望を抱く。

 

次は、政子、美衣、義時の争いになるのだろうか。

 

次回も楽しみだ。