haruichiban0707の読書&視聴のおと

読書メモや映画やテレビ番組視聴メモです

田河水泡『のらくろ上等兵』講談社(1984/11/24)

もともとは昭和7(1932)年12月発行 入営し斥候になり、飛行機を作ったり、猿の国や海賊と戦い、二等兵から伍長に昇進するまで。 入営や斥候という言葉はこの漫画で知ったものだ。 昔は学校の図書室や町の図書館にもあったが今はどうなのだろう? 戦争中は「こ…

燃えろ!新日本プロレス vol.18 黄金期の幕開け、82年元旦決戦を見たか!?

1982年1月1日の試合5試合と1月28日の試合。 原点回帰、ストロング・スタイルの神髄を見せるというテーマの元旦決戦だ。 【1】藤原喜明 vs カール・ゴッチ 1982/01/01 後楽園ホール 当時58歳のカール・ゴッチと全盛期に近い藤原喜明の道場のスパーリングをそ…

磯田道史『日本史を暴く』中公新書 (2022/11/25)

もくじはこちら 『読売新聞』連載「古今をちこち」2017年9月から2022年9月までを収録したものだ。 新聞の連載なのでとても読みやすい。 「信長は「地球は球体」をひろめた」織田信長が地球儀を持っていたのは知っていたがそれを使って子ども達にも見せていた…

『老後の資金がありません!』(2021)

rougo-noshikin.jp eiga.com 主人公は二人の子どもを持つ専業主夫の天海祐希。夫は松重豊。 今は店を閉じてしまったが、老舗の菓子屋を経営していた義父が死んだ。店を閉じたとはいえ「老舗なのだから盛大な葬式を」という義母の草笛光子。義理の妹、若村麻…

『大怪獣のあとしまつ』(2022/02/04)

www.daikaijyu-atoshimatsu.jp eiga.com 大怪獣が突然死んだ。 死んだが死体が腐敗しガスが体内に発生し膨張しはじめた。早く処分しないとガスが爆発する。 その死体をどう処分するか、で政府内で責任のなすりつけ合いが始まった。 大怪獣が無害かどうかで、…

NHK『鎌倉殿の13人』第48回「報いの時」

www.nhk.or.jp 一年間楽しめたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の最終回だ。 出だしでいきなりビックリした。 なんと、2023年の大河ドラマの主人公、徳川家康が『吾妻鏡』を読んでいるのだ。 そうやって次の大河ドラマにつなぐとは驚いた!! 承久の乱が始まり…

燃えろ!新日本プロレスVol.42 世界が舞台だ!アウェーの興奮、魅惑の海外マッチ

【1】アントニオ猪木vsアンドレ・ザ・ジャイアント 1974/12/15 ブラジル・サンパウロ・コリンチャン・スタジアム アントニオ猪木のブラジル凱旋興行だ。 小野田寛郎さんもリングサイドで観戦していた。 二階からのヘッドバット。18文キック。 ボディー・スラ…

燃えろ!新日本プロレス vol.47 新日事件簿番外編、しょっぱい試合ですいません!

【1】坂口征二vs大木金太郎 1975/05/16 日大講堂 日本プロレス崩壊時からの因縁がある二人はプロレスにならなかった。 止めに入るこのモザイクかかっている若手は誰だ!? 【2】アントニオ猪木vsミスターX 1979/02/06 大阪府立体育会館 梶原一騎原作の『四角…

燃えろ!新日本プロレス vol.8猪木vs国際はぐれ軍団の仁義なき闘い!

【1】アントニオ猪木vsラッシャー木村(1981/10/08 蔵前国技館) 1981/09/23 田園コロシアムに殴り込んだはぐれ国際軍団のマイク・パフォーマンス、いわゆる「こんばんは事件」から最初の一騎討ちだ。 ラッシャー木村の人のよさが表れている。 アニマル浜口が…

NHK『鎌倉殿の13人』第47回「ある朝敵、ある演説」

www.nhk.or.jp 後鳥羽上皇が義時追討の院宣をついに出した。 後鳥羽上皇役の尾上松也は、上皇の高貴な雰囲気と謀略を巡らす悪の面の両方をうまく演じている。 北条義時は姉・北条政子に演説をしてもらい、関東武士を糾合して、承久の乱に向かう・・・と思っ…

竹宮惠子『吾妻鏡』(上・中・下)中公文庫 マンガ日本の古典 14/15/16 (2000/05/25)

2022年(令和4年)の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の登場人物達が活躍するのが本書『吾妻鏡』だ。 それを22年前に文庫化したのが本書だ。初出は1994年だから28年前の本になる。 『草燃える』や『鎌倉殿の13人』の役者達がダブる。源実朝暗殺やその時の北条義時の…

燃えろ!新日本プロレス vol.7悪の化身 グレート・ムタ見参!

武藤敬司の引退が近いので彼のもう一つの化身であるグレート・ムタの試合を見てみた。 【1】グレート・ムタvsザ・グレート・カブキ(1993/06/15 日本武道館) ザ・グレート・カブキの引退試合。 ムタは、カブキの息子という設定だったから、親子対決だ。 お互…

燃えろ!新日本プロレス vol.19 新時代のダイナミズム、若き闘魂三銃士!

武藤敬司の引退が近いのでこの号を見てみた。 【1】アントニオ猪木&坂口征二vs橋本真也&蝶野正洋(1990/02/10 東京ドーム) 控え室で「負けたらどうなりますか?」というアナウンサーの質問に対して「やる前から負けること考えるバカがいるか!?」と言ってア…

石ノ森章太郎『古事記』中公文庫(1999/06/18)

世界の始まりから神武天皇誕生までの『古事記』上巻をマンガにまとめた本。 不思議な『古事記』の物語をうまくマンガでまとめている。 イザナキ、イザナミの物語やスサノオノミコトや大国主命、因幡の白兎の話、天孫降臨、海彦山彦の話がわかりやすく描かれ…

燃えろ!新日本プロレス vol.38 グレート・ムタ、阿修羅の如く!

【1】ハルク・ホーガン&グレート・ムタvsヘルレイザーズ(1993/09/23 横浜アリーナ) 久しぶりの来日のハルク・ホーガンとグレート・ムタが組んだ夢のタッグ・チームとホークとパワーのヘルレイザーズのタッグマッチ。まさに夢の対決だ。タッグマッチでムタが…

田村尚也『イラストでまなぶ!用兵思想入門 近世・近代編』ホビージャパン(2021/03/31)

もくじは次の通り テーマは「用兵思想」だが、イラストを交えていてとてもわかりやすい。 紀元前26から25世紀(今から4600から4400年前)の密集方陣が人類史上もっとも古い戦闘隊形とのことだ。紀元前371年の「レウクトラの戦い」での重点形成が用兵思想の始ま…

NHK『鎌倉殿の13人』第45回「八幡宮の階段」

www.nhk.or.jp ついに、三代将軍源実朝暗殺事件だ。 太刀持ちの北条義時が外れて源実朝とともに殺されたのが源仲章だが、なぜ直前になって北条義時が外れたのかは様々な推理がなされている。 北条義時が公暁をそそのかし、実朝を暗殺させた黒幕で、それを知…

燃えろ!新日本プロレス vol.59 吼えよ若獅子!ヤングライオンの青の時代

【1】アソール・フォーリーvs高田伸彦(1983/08/13 カナダスタンピート・グランド・ビクトリ・パビリオン 高田伸彦のテレビデビュー戦だ。アソール・フォーリーという選手は記憶になかったが、線が細いがなかなかいい選手だ。チキンウィングフェースロックを…

NHK『鎌倉殿の13人』第38回「時を継ぐ者」

www.nhk.or.jp いよいよ北条時政(坂東彌十郎)が源実朝(柿澤勇人)を軟禁し将軍職を平賀朝雅(山中崇)に譲る起請文書くよう、迫る。 首を縦に振らない実朝。 館を囲まれた時政は実朝を解放し自害しようとするところを八田知家(市原隼人)に止められ、捕縛される…

NHK『鎌倉殿の13人』第37回「オンベレブンビンバ」

www.nhk.or.jp タイトルが何を意味するのか不思議だった。 りく(宮沢りえ)の野望に翻弄される北条時政(坂東 彌十郎)。 とうとう忠臣、畠山重忠(中川 大志)を討つ。 北条政子(小池栄子)や義時(小栗旬)らとの亀裂が大きくなる。 そんな時政が政子や義時、実衣(…

007『ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021/10/01)

eiga.com ダニエル・クレイグ版007第5作目。 『カジノロワイヤル』『慰めの報酬』『スカイフォール』『スペクター』に続く連作だ。 幼少期のマドレーヌ・スワンは自宅にいたところを、「能面の男」によって襲撃される。能面の男はかつて、マドレーヌの父親で…

007『スペクター』(2015/12/04)

eiga.com ダニエル・クレイグ版007第4作目。 以前も観たはずだが、すっかり忘れていて、初見のように楽しめた。 『カジノロワイヤル』『慰めの報酬』『スカイフォール』に続く連作だ。 「スカイフォール」で焼け残った写真を受け取ったボンドは、そこに隠さ…

007『スカイフォール』(2012/12/01)

eiga.com ダニエル・クレイグ版007第3作目。 以前も観たはずだが、すっかり忘れていて、初見のように楽しめた。 『カジノロワイヤル』『慰めの報酬』に続く連作だ。 各国のテロ組織に潜入している工作員を記録したMI6のハードディスクが何者かに奪われ、ボン…

007『慰めの報酬』(2009/01/24)

eiga.com ダニエル・クレイグ版007第2作目。 以前も観たはずだが、すっかり忘れていて、初見のように楽しめた。 007シリーズ初の連作だ。 FBIのフェリックスは黒人なのは、ご時世だからだろう。 ダニエル・クレイグ版007は、ストーリー展開が面白い。また、…

007『カジノ・ロワイヤル』(2006/12/01)

eiga.com ダニエル・クレイグ版007を順に観ていった。 以前も観たはずだが、すっかり忘れていて、初見のように楽しめた。 FBIのフェリックスは黒人なのは、ご時世だからだろう。 ダニエル・クレイグ版007は、ストーリー展開が面白い。また、スーパーマンとし…

テレ朝『ワールドプロレスリング』(2022/09/18)

www.tv-asahi.co.jp 観客が声を出して応援することを解禁した2022/09/05の後楽園ホール大会からの放送。 声無しで拍手だけでの応援だったのが、声を出してよくなったのは嬉しい。 ただ、昔と比べて選手が観客に手拍子をするよう、要求するのが多い気がする。…

NHK『鎌倉殿の13人』第36回「武士の鑑(かがみ)」(2022/09/18放送)

www.nhk.or.jp ■あらすじ 息子、北条政範(中川翼)を失ったりく(宮沢りえ)は、畠山重忠が謀反を企んでいる、と証拠もなく主張し、夫、北条時政(坂東彌十郎)に、畠山を討つよう、たきつける。 前回、源実朝は花押を渡してしまい、畠山重忠(中川大志)を討つこと…

NHK『ブラタモリ』「恐山〜なぜ恐山で死者に会えると思うのか?〜」(2022/09/10)

www.nhk.jp つのだじろうの『恐怖新聞』で恐山の怪奇現象は印象的に描かれていた。 今回、初めて映像で恐山を見た。 恐山といえばイタコが有名だが、有名になったのは昭和30年代、賽の河原で石を積むのも昭和になってからの習慣とのことで、意外だった。 イ…

安彦良和『虹色のトロツキー』双葉社(2010/05/23)

Kindle版第1巻はこちら 満洲事変からノモンハン事件までの満洲や中国を舞台にした物語。 スターリンに追放されたトロツキーをかついだりそれを防ごうとするなどの思惑を持った日本人、満洲人、モンゴル人、中国人、ロシア人達。 石原莞爾、辻政信、尾崎秀実…

アニメ『紅の豚』を観た

www.ghibli.jp 舞台はムッソリーニのファシスト党が勢いを増すイタリア。 魔法で豚になった飛行艇操縦者のポルコは、無人島に住み、海賊ならぬ空賊を退治する賞金稼ぎとして生活している。 彼を愛するジーナやフィオ。 アメリカからやってきた賞金稼ぎのカー…